设为首页 English 한국의 日本語 用户 图书馆
您现在的位置: 洛阳外国语学校 >> 诗歌 >> 正文
留学した後
作者:张博伦    文章来源:本站原创    点击数:126    更新时间:2017-11-3         ★★★

 

  留学した後

                                                   (高三、8 张博伦)

 

皆さんは日本文化について、何かを知っていますか。何かに興味を持っていますか。私は日本文化が好きです。太宰治の「人間失格」や、桜のあっという間に散る美しい瞬間や、「物の哀れ」と言う独特な審美の意識など、全ては私の頭にある日本文化の表現です。それで、私は中学生から日本語を学び始めました。時の流れとともに、私はますます日本文化に対する理解が深くなってきました。「太宰治は悲観的な人だね」とか、「世の中の移り変わりの激しいことを桜の散り易いのに例えるだろう」など、私はそう思っています。日本文化はまるで顔が隠された少女のようで、全体の十分の一も私は知っていません。どうして日本人は「物の哀れ」の観念を持っていますか。どうして太宰治はそんなに悲しいですか。どうして、日本人は常に桜で自身を比喩していますか。桜が散って、空に飛び舞っている時、どうして日本人はその瞬間を頭に刻んでいますか。私は知りたいです。「日本文化」と言う、少女の真実の顔を見たいです。ですから、私は留学したいのです。日本で暮らしたり、勉強したり、日本文化と距離を無くし、正真正銘の日本文化に触れたいのです。

千年の前、日本から中国に来た留学生がいます。彼らは中国の文化や技術などを学び、日本へ帰って、それを伝えました。彼らは遣唐使です。遣唐使は中日友好の代表として、中日の交流と発展に役に立ちました。だから、私も遣唐使のように、日本文化を学び、留学した後、中国へ帰り、日本文化を伝え、中日友好のかけ橋になり、中日の交流を深めたいと思います。あるいは、日本文学についての研究者になります。川端康成の雪国の景色を見、夏目漱石の猫と遊び、芥川龍之介の羅生門に見学し、日本文学の歴史の空に輝いている星と親切に雑談したいと思います。

以上です。

 

译:

留学归来

大家对于日本文化,有怎样的了解呢?对于日本文化有没有兴趣呢?我喜欢日本文化。不论是太宰治的《人间失格》,还是樱花转瞬即逝的美丽瞬间,亦或是那被称作“物哀”的独特的审美意识,都是存在于我脑海当中的日本文化的表现形式。因此,我从初中时开始了日语的学习。随着时间的流逝,我对日本文化的理解也一点点地加深了。“太宰治是个悲观的人啊”,“是在用樱花之美的易逝来比喻这世间无常的光怪陆离吧”,我想。可日本文化就好似是一名被面纱遮住了面容的少女,我连她真容的十分之一都未能看到。为什么,日本人会持有“物哀”的观念呢?为什么太宰治先生是如此地悲怆呢?为什么,日本人通常以樱花来自比呢?当樱花散落满天,盘旋于青空之上时,为什么日本人会将那个画面深深地刻在脑海之中呢?我想知道,我想看清那名为“日本文化”的少女的真实面庞。因此,我想要留学。我想在日本生活,想在日本学习,我想同日本文化无距离地接触,我想要感受那真真正正的“日本文化”。

千年前,中国曾有过来自日本的留学生。他们学习中国的文化和技术,在回到日本后,传播给日本人。他们就是遣唐使。遣唐使作为中日友好的代表,对于中日的交流与发展起到了极大的作用。因此我也想同遣唐使一样,学习日本文化,在我留学归来后,传播我所学到的,成为中日友好的桥梁,更加深入地推动中日间的交流。或者,成为一名日本文学的相关研究者。去领略川端康成的雪国风光,同夏目漱石的猫尽情嬉戏,到芥川龙之介的罗生门去参观学习,和闪耀在日本文学历史的夜空中的“星星”们亲切地交谈。

我的演讲到此结束,感谢诸位的倾听。

 

 

 

文章录入:郭艳    责任编辑:郭艳 
发表评论】【加入收藏】【告诉好友】【打印此文】【关闭窗口
  • 上一篇文章:
  • 下一篇文章: 没有了
  •    网友评论:(评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!
    数据载入中,请稍后……

     

    | 设为首页 | 加入收藏 | 联系站长 | 友情链接 | 版权声明 | 网站公告 | 管理登陆 |

    洛阳外国语学校地址:中国河南洛阳市西工区九都路76号 邮编:471000 豫ICP备05020158号

    技术支持:洛阳外国语学校电教中心、洛阳外国语学校学生电脑社团